敬老の日とは何をすべきか

subpage01

日本で国民の祝日とされている敬老の日、長年社会に出て活躍されてきた長老の方々を敬い、祝うという日のことです。

しっかりとした敬老の日が一般的になってきました。

9月の第3月曜日と定められているこの祝日、孫が祖父母、大人になった子が父母に対し感謝するという貴重な祝日となっています。



三世帯住宅のような家や、祖父母の家付近に暮らしているといった家族もありますが、普段同じ家で一緒に暮らしていないという家族も多くいることだと思います。


普段共に暮らしていない家族、遠くで暮らしている様な家族では感謝の気持ちを伝えるどころかコミュニケーションを取る機会もあまりないことがあることでしょう。



そんな家族にも祖父母とのコミュニケーションを取るきっかけを作れる、そして感謝を伝えることのできる祝日が敬老の日です。


敬老の日には高価なプレゼントを渡さなければいけないという事ではなく、あくまでも日ごろからの感謝を伝え、長寿を祝う、敬うという祝日なのです。


素直に気持ちを伝えればよいでしょう。

孫や子と仲良くコミュニケーションを取ることや、プレゼントを渡すことも喜ばれることでしょう。


プレゼントといっても軽い食べ物やお酒、スイーツなどプレゼントした後に時間を共にすることが出来るものが良いかもしれません。


ある機関のアンケート調査では、敬老の日に嬉しいプレゼントの中に共に過ごし話のできる時間というものがランクインしているものもあります。


皆さんもたまには祖父母、父母と共に過ごしコミュニケーションを取ることを心がけるとよいかもしれません。