敬老の日のギフト選びについて

subpage01

一年に一度の敬老の日には、祖父母や両親をはじめお世話になっている高齢者にギフトを贈る人はかなり多いです。しかしいざ贈るとなれば何が良いかで悩んだり、毎年のことになるのでギフトの内容もマンネリ化してしまうのではないでしょうか。


一昔前とは異なり近年では贈ってはいけないというものはなくなりつつありますが、年配の人の場合には古くからの慣習や縁起事を気にする人も多いです。

敬老の日に関する疑問にお答えします。

そのことから仏事を連想させるのでお茶は避けるようにしたり、花を贈る時には本数や花言葉に気をつけるようにしましょう。

老眼鏡や杖、補聴器といった年齢を感じさせるアイテムは避けたほうが良い傾向にあります。
カタログギフトは近年では定番の贈り物となっていますが、細かな文字を読むことが難しい人も多い年齢という点や、年配の人にはあまり馴染みがないので敬老の日に最適なギフトとは言えない傾向です。



プレゼントを決めて贈るほうが気持ちが伝わりやすく、敬老の日のギフトとして喜んでもらえます。もちろん本人が欲しいと希望するものがある場合には、敬老の日には適していないと一般的にはされているアイテムでも、贈っても問題はありません。



注意しておくべき点の一つとなるのが、相手の年齢や考え方です。

自分自身ではまだ高齢者だと認めたくない人に、敬老の日にギフトを贈ってしまうとかえって失礼にあたってしまったり、気分を害してしまう可能性があるので相手の考えを知った上で贈るか決めることが大切です。