敬老の日のお祝いは当日でなくても良い

subpage01

敬老の日には家族みんなが集まってごちそうなどを食べながら団欒などできれば一番良いですが、サービス業の仕事の人は敬老の日当日に仕事を休むことができないことも多いですし、敬老の日だからといってその時だけ休みをもらうようなこともできないことがあるでしょう。

ですから敬老の日当日にお祝いができないということであれば、その日の代わりの日を敬老の日のお祝いにして、何かお祝いをするようにしても良いです。

敬老の日について気になる方はこちらです。

特に祖父母世代は定年退職していつも家にいる、という状態の人も多いでしょうから、こちらの都合の良い日にちに合わせてもらったほうが助かるということもあるものです。



また、子供たちも幼児期は大人に合わせて行動してくれるものですが、大きくなってくると自分たちの都合も聞いてほしいと思うようなことがあるでしょう。ですから、お祝いとして集まるにしても、それぞれのみんなが都合のいい日となると、予定を合わせるのがとても難しくもなります。



無理やり合わせようとすれば機嫌が悪くなる子供も出て来るでしょうから、みんなが笑顔で集まれるように、当日でなくても都合の良い日を設定しましょう。当日を外して別の日にしたほうが色々な特典やサービスも安く受けられて良いというメリットも出て来ると思われます。

過ごし方も多様になってきているので、みんなが良いと思えるようにしましょう。
大体前後の休日に集まる、というようにしておけば前もって予定も合わせやすいものです。